ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1031日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

6日夕方から激しい雨

台風10号、7日朝~昼ごろ県内最接近

2020年9月5日(土)(愛媛新聞)

台風接近に備え、ロープで船を岸壁にしっかりと固定する漁業者ら=5日午後0時半ごろ、宇和島市遊子

台風接近に備え、ロープで船を岸壁にしっかりと固定する漁業者ら=5日午後0時半ごろ、宇和島市遊子

 特別警報級の勢力を維持して北上するとみられる台風10号について、松山地方気象台が5日会見し、愛媛県内には7日朝から昼前にかけて最接近する見込みと発表した。6日夕方から激しい雨、6日夜遅くには非常に激しい雨となり暴風や高波にも警戒が必要。特に南予は非常に強い風、うねりを伴う記録的な高波の恐れがある。気象台は「経験したことのない強い台風が接近していると意識し、十分警戒してほしい」と注意を呼び掛けた。

 気象台によると、台風10号は6日から7日にかけて九州西部を進む。県内は6日昼すぎに強風域に入り、進路が予報より東に寄れば暴風域に入る恐れがある。

 気象台は5日午前8時16分、南予南部に波浪警報を発令。南予では、うねりを伴う波が今後さらに高くなり、6日に警報基準4メートルを超える5~8メートル、7日には10メートルの猛烈なしけとなる見込み。東中予でも6日夕方以降、中予1.5~2メートル、東予1.5メートルの波が予想される。6日夜以降、満潮の時間帯は高潮にも注意が必要。

 うねりを伴った波は沿岸部に到達する際、予報値を大きく超える場合がある。有吉正幸気象情報官は「特に豊後水道では経験したことのない高波となる恐れがあり、南予の沿岸施設や漁業施設の大きな被害、大規模な停電に警戒が必要」と強調した。

 5日午後3時現在の予報では、県内全域で6日夕方から1時間最大30ミリの激しい雨、夜遅くには50ミリの非常に激しい雨となる。6日午後6時までの24時間雨量は多いところで中南予70ミリ、東予60ミリ、7日午後6時までは東中南予とも多いところで300~400ミリ。

 7日未明から土砂災害のリスクが特に高まり、土砂災害警戒情報などが出る可能性がある。また高知との県境付近は特に降水量が多いと見込まれる。

 風は6日昼すぎから次第に強まり、南予では早ければ6日夜遅くに暴風警報が出る見込み。中予でも沿岸部を中心に7日未明から警報の可能性がある。宇和島では6日夜から7日朝にかけて「わたくし風」、東予東部は7日に「やまじ風」の危険性がある。

 気象台は注意報や警報といった最新の気象情報、市町が発表する避難勧告などに注意するほか、6日夜に風雨が強まる見込みを踏まえ、明るいうちに安全な場所に移動するなど早めの避難行動を求めている。

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。