ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1020日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

中止のスポーツマスターズ愛媛大会

県内選手向け代替フェス きょう5日から28会場で開催

2020年9月5日(土)(愛媛新聞)

 新型コロナウイルスの影響で中止となった日本スポーツマスターズ2020愛媛大会の代替大会として、県は5~27日、県内選手を主な対象とした「愛顔(えがお)のスポーツフェスティバル」を開催する。小学生からシニアまで幅広い世代が参加し、県内28会場で17競技24大会を実施する。

 中村時広知事が4日、会見し「各競技の選手たちが活躍できる場を広げたい。感染症対策を徹底して行う」と述べた。各大会はスポーツマスターズ用に県が確保していた施設などを活用し、各競技団体が主催。鹿児島県で予定されていた国民体育大会の年内開催見送りを受け、重量挙げなど国体競技も含めた。例年実施している各種大会をフェス期間中に行うほか、テニス、ボウリングの一部大会は新規で開催する。全日程で約5千人の参加を見込む。

 5、6日の水泳県選手権を皮切りに、19~21日に日程が集中。19日は県武道館で記念セレモニーを催す。

 新型コロナ対策として各競技団体のスタッフらが検温などを行い、県は必要に応じて非接触式体温計の貸し出しなどを行うとしている。

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。