ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1022日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

with 愛媛FC

新たな一面 丹羽詩温

2020年9月2日(水)(愛媛新聞)

直近5試合に先発出場している丹羽詩温=愛フィールド梅津寺

直近5試合に先発出場している丹羽詩温=愛フィールド梅津寺

 異例の連戦の中で、タフさを武器に全試合に出場中のFW丹羽詩温。直近5戦は全て先発で攻撃の最前線に立った。「プレー回数や成功数、質が上がってきている」と手応えをつかんでいる。

 これまでペナルティーエリアの中で、相手DFと駆け引きしてこじ開けるようなゴールが多かったが、前々節の大宮戦は、森谷からのパスを胸トラップで受け、振り向きざまにエリア外から鮮やかなボレーシュートを決めた。「ああいう形も出せることで自信になるし、両方の形が出せていけば、この先ゴール数も増えると思う」。試合を重ねるごとに、新たな一面をピッチで見せている。

 今季は8月上旬の9節まで得点がなく、「運気を変えよう」と突如丸刈りに。「その後すぐに(10節の金沢戦で)点が取れて、ふっきれた。気持ちにもプレーにも余裕ができた」と笑う。

 チームの総得点数19はリーグ8位タイと決して少なくはないが、「FWが一番点を取るべきだし、取ってやるという気持ちをなくしたらFWじゃない」。本職に離脱者が多い中、点取り屋としてチームを上昇させようと意気込んでいる。

    関連・チーム名鑑

    キーワードで関連記事を検索できます

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。