ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1031日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

新型コロナ感染防止のため

四国中央3地域秋祭り 太鼓台統一寄せ中止 かき比べも

2020年8月28日(金)(愛媛新聞)

迫力あるかき比べが披露された四国中央市土居地域の秋祭り(2019年10月14日撮影)

迫力あるかき比べが披露された四国中央市土居地域の秋祭り(2019年10月14日撮影)

 太鼓台が市内を勇壮に練り歩く10月の愛媛県四国中央市の秋祭りで、新型コロナウイルス感染防止のため、川之江、伊予三島、土居の3地域で太鼓台の統一寄せやかき比べの中止が27日までに決まった。新居浜市の新居浜太鼓祭りが太鼓台運行を完全中止するほか、西条市の西条まつりも市内4神社のだんじりや太鼓台の統一運行中止を決めている。東予東部では今年、祭りの顔となる大規模な行事がなくなり、静かな秋になりそうだ。

 四国中央市の秋祭りは毎年、川之江と土居の両地域で10月13~15日、伊予三島地域で10月20~23日に開かれている。市によると、3地域の秋祭りが同時に中止になるのは異例。

 市観光交通課によると、伊予三島地域は、各太鼓台組織でつくる実行委員会が8月6日に開いた臨時総会で統一寄せを含む全ての運行自粛を決議した。川之江地域も8月上旬、各地区が統一寄せやかき比べの中止を決定。土居地域も26日夜にかき比べの中止を決めた。神事の実施は規模の縮小なども含めて各地区が判断する。

 市内の太鼓台は川之江28台、伊予三島19台、土居21台。地区内のみの運行についても市内の大半の太鼓台が取りやめるが、川之江、土居の両地域の一部地区では対応を協議しているという。

    ※新型コロナウイルス関連情報はこちら

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。