ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1021日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

新型コロナ

入院患者の感染を公表 四国中央の病院

2020年8月24日(月)(愛媛新聞)

 四国中央市三島金子2丁目の西岡病院は23日までに、入院中の患者が新型コロナウイルスの検査で陽性と確認されたことをホームページ(HP)で公表した。病院は患者の年齢や性別、居住地などを明らかにしていないが、19日に県が「東予地方の高齢女性」として発表した県内111人目の感染者とみられる。

 県は本人や家族の意向を理由に、女性の年代や詳しい住所地などを公表していない。病院も愛媛新聞の取材に「プライバシーに関わり、HPで公表した以上のことは答えられない」としている。

 HPによると、病院では院内感染拡大予防のため、接触の可能性のあったほかの患者に加え、診療関連職員も対象にPCR検査を行い、20日の段階で全て陰性を確認した。感染防止対策のため20日から最短でも2週間、外来診療と健診センターを休止し、入退院を含め病棟の出入りも制限するとしている。

 20日の県の発表では、女性の家族3人のほか、医療機関の同室で過ごすなどした入院患者9人が濃厚接触者に該当し、全員が陰性だった。医療機関の全職員72人も念のため順次検査し、全て陰性が確認されている。

    ※新型コロナウイルス関連情報はこちら

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。