ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1022日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

Eのさかな 漫画家・松本零士さん

[前編]愛媛の魚の美味しさを全国へ

2020年8月24日(月)(その他)

 「Eのさかな」は愛媛県の魚を中心に食・自然・観光などの文化を全国に紹介していきます。今回はご両親が大洲市出身の漫画家・松本零士さんに大洲の魅力と思い出について語っていただきました。

 

大洲市雲海展望公園からの神南山と新谷地区

大洲市雲海展望公園からの神南山と新谷地区

大洲市雲海展望公園からの神南山と新谷地区

大洲市雲海展望公園からの神南山と新谷地区

【幼少期の思い出】

 私の母が大洲市新谷(にいや)地区出身だったことから、私も戦時中疎開し、新谷国民学校(現在の新谷小学校)に通っていました。虫捕りや川泳ぎに夢中だったのを覚えています。また、夜空がひときわ美しく、星空が大好きになりました。そのことが私の個性をつくってくれたと思っています。新谷は私の命のふるさと。理想郷、アルカディアです。新谷での日々は、自伝的漫画「昆虫国漂流記」で描かせていただきました。

 

【壁画「ふるさとからの旅立ち」】

 平成24年、開校140周年を迎えた新谷小学校の新校舎が完成しました。木造建築が主で、やさしい木の香りいっぱいの母校に、壁画「ふるさとからの旅立ち」を描かせていただきました。「人は生涯に一度だけ決心しなければならない瞬間がくる。例えるなら、列車に乗るか乗らないかで運命が変わる。子どもたちに、夢という名の列車で、自分の志を果たすために旅にでてほしい」という願いを込めています。

 また、校内には「銀河鉄道999」に登場するキャラクターを描いたり、教室も「宇宙ルーム」や「銀河ルーム」などの名称があったりと、子どもたちにとって夢多き校舎となっていると思います。

 

漫画家・松本零士さん

漫画家・松本零士さん

漫画家・松本零士さん

漫画家・松本零士さん

[Profile 松本 零士(Reiji Matsumoto)]

 1938年1月25日生まれ。福岡県久留米市出身(幼少年期は大洲市・北九州市で過ごす)。漫画家。6歳の頃から絵を描き始め、9歳で運命的な本(『新寶島』『月世界紳士』いずれも著者は手塚治虫氏)との出会いをきっかけに漫画を描き始める。16歳の時に投稿作『蜜蜂の冒険』が「漫画少年」にて受賞掲載され、これが商業誌デビューとなる。代表作・『男おいどん』『宇宙戦艦ヤマト』『クイーンエメラルダス』『ザ・コクピットシリーズ』『宇宙海賊キャプテンハーロック』『銀河鉄道999』『新竹取物語1000年女王』ほか。

 

 [後編]愛媛の魚の美味しさを全国へは、8月下旬頃に掲載予定です。(提供:Eのさかな/佐川印刷)

 

 「Eのさかな」は「さかな文化」を代表とする愛媛の食・暮らし・自然・文化などを取り上げ、分かりやすく情報を発信するフリーペーパーです

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。