ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
919日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

新型コロナ

松山の20代男性感染 今月上旬 神戸を訪問

2020年8月22日(土)(愛媛新聞)

 

 

 

 

 県は21日、新たに松山市の20代の無職の男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。8~10日に神戸市を訪れていた。県内の感染確認は計112人になった。

 県や松山市によると、男性の濃厚接触者は家族4人。うち同居の3人は無症状で21日に検査する予定。医療関係者が1人含まれているという。残る1人は県外在住。

 男性は訪れた神戸市で友人3人と行動、10日に帰県後は外出していない。18日に陽性が判明した友人の濃厚接触者として、19日に神戸市から松山市保健所に調査依頼があった。公共交通機関で帰県したが、マスクを着用し、周囲の乗客と十分な距離が取れていたため濃厚接触者はいないとして交通手段を公表していない。

 男性は指定医療機関に入院し、味覚・嗅覚異常や咳の症状があるが軽症。県は友人の方が発症時期が早いとして、友人から感染した可能性が高いのではないかとみている。

 また宇和島市に滞在後、岡山市で感染が確認された50代の男性の事例では新たに、ニュースを見て男性と接触があったとの連絡が寄せられた濃厚接触者2人を検査中と説明。21日に結果が判明するとした。

 19日に感染が公表された東予地方の高齢女性に関し、濃厚接触者には当たらないが順次検査を進めていた医療関係者のうち残る43人を20日に検査した結果、全ての陰性を確認。囲い込みが完了したとした。

 県庁で臨時会見した中村時広知事は「お盆の時期から1週間程度たっており、これから症状が出てくるケースは十分考えられる」と説明。お盆前後に感染拡大地域に行った人や親族が帰省して接触した人に向け「体調管理に気をつけてほしい」とし、少しでも症状が出たら自宅待機や医療機関の受診、帰国者・接触者相談センターへの連絡を呼び掛けた。

    ※新型コロナウイルス関連情報はこちら

    国税調査2020

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。