ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1029日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

with 愛媛FC

メッセージ 横谷繁

2020年8月22日(土)(愛媛新聞)

前節の甲府戦では後半から出場し、攻撃にアクセントを加えた横谷繁=愛フィールド梅津寺

前節の甲府戦では後半から出場し、攻撃にアクセントを加えた横谷繁=愛フィールド梅津寺

 「彼のパスにはメッセージが込められている」。前節後半から出場したMF横谷繁のパスを、川井監督はこう表現する。

 リーグ再開初戦の徳島戦で途中交代して以降、けがで戦列を離れていた横谷だが、前々節の栃木戦から復帰。2試合とも途中出場で短い時間ながら、長短織り交ぜたさまざまなパスで愛媛の攻撃を活性化させている。

 特に甲府戦の後半45分間は「質の違い」(川井監督)を見せつけた。愛媛は前半、ゴールに迫れずにいたが、横谷は最終ラインまで下がって試合を組み立てた。「左側に相手がいる」「前を向け」「シュートを打て」―言葉を発しなくても、強弱をつけたパスにさまざまなメッセージを込め、好機を何度も演出した。

 「ボールや相手、周りとの距離感を見極めながら、一つ先ではなく二つ、三つ先を考えるようにプレーしている」という横谷に、指揮官は21位と低迷するチームの「改善のきっかけになってくれる選手」と大きな期待を寄せる。

 甲府戦に続き、次の大宮戦も古巣対決となる横谷は「楽しみつつも、まずは勝利。理想の守り方とは少し違っても、勝つための選択をしないと勝ち点は積み上げられない。勝てるチームをつくり上げていく」。強いメッセージを発信しながら、愛媛を11試合ぶりの勝利へ導いていく。

    関連・チーム名鑑

    キーワードで関連記事を検索できます

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。