ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1126日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

新型コロナ感染拡大受け

愛媛マラソン 1年程度延期

2020年8月20日(木)(愛媛新聞)

過去最多の1万408人が出走した第58回愛媛マラソン。号砲とともに勢いよく走りだすランナー=2月9日午前10時ごろ、松山市一番町4丁目

過去最多の1万408人が出走した第58回愛媛マラソン。号砲とともに勢いよく走りだすランナー=2月9日午前10時ごろ、松山市一番町4丁目

 愛媛マラソン実行委員会は19日、新型コロナウイルス感染拡大を受け、愛媛県松山市で来年2月14日に予定していた第59回大会の開催を見送り、1年程度延期することを決定した。本年度の大会は事実上の中止。1万人を超すランナーに加え、運営スタッフやボランティア、救護スタッフらの安全確保が難しいと判断した。1963年の開始以来、1年近くに及ぶ延期は初めて。

 実行委は7月以降、日本陸連が示したチェックリストに応じた感染症予防対策の可否や関係機関の意見、全国の同種大会の開催状況などを検討。8月4日の幹事会で延期案が全会一致で承認され、19日までに全委員の賛成を得た。

 事務局は「第60回を記念大会として盛大に開催したい意向で、中止ではなく第59回を次年度に持ち越すことにした」と説明。実行委員長の浜崎栄則・愛媛陸協会長は「歴史のある大会なので開催したかったが、関係者の安全安心のため延期はやむを得ないと考えた。1年半ほどの間に完全収束しているかは分からないが、対策を含め、次回に向け準備を進めていく」と述べた。ランナーのエントリー開始は従来より約1カ月遅らせており、受け付け前だった。

 愛媛マラソンは愛媛初のフルマラソンとして1963年に第1回を実施。20キロの短縮期間を経てコース変更を重ねながら2010年に市民マラソンに刷新した。松山市上野町の県総合運動公園発着から、県庁前をスタートし旧北条市内で折り返して城山公園にゴールするコースに変更した。県唯一の日本陸連、国際マラソン・ディスタンスレース協会(AIMS)公認コース。

 今年2月9日の第58回大会には県内20市町を含む47都道府県のほか、海外7カ国・地域からエントリーがあり、過去最多の1万408人が出走(完走率91.79%)。いよぎん地域経済研究センター(IRC、松山市)の試算によると、推定観客数は約18万人で、経済効果は約5億8300万円だった。

 市民マラソンを巡っては、今年2月中旬以降は新型コロナの影響で中止・延期が相次ぎ、来年開催の熊本城マラソンや静岡マラソンなどが既に中止を発表している。

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

    <プレスリリース>一覧

    スポーツ最新ニュース

    トップ10ニュース(国内・海外)

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。