ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1023日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

15、16の両日開催

今治で近県中学生ソフトテニス大会 58ペア白熱の戦い

2020年8月19日(水)(愛媛新聞)

中学総体の代替試合として開催された近県中学生ソフトテニス大会=15日、今治市営スポーツパーク

中学総体の代替試合として開催された近県中学生ソフトテニス大会=15日、今治市営スポーツパーク

 近県中学生ソフトテニス大会が15、16の両日、今治市高橋ふれあいの丘の市営スポーツパークテニスコートであり、県内外の58ペア116人が白熱の戦いを繰り広げた。

 新型コロナウイルス感染拡大により全国で中止が相次いだ各府県の中学総体に代わる場を提供しようと、ソフトテニス・オープン・ミーティング四国が開催。募集に応じた京都府や兵庫県など1府5県の3年生を中心にダブルスで頂点を目指した。

 15日は男子の試合があり、28ペアの選手たちが気迫のこもったプレーで観客を沸かせた。巧みなボールさばきでラリー戦を制すると、ペアでハイタッチ。いきいきとコートを駆け回り、試合を楽しんでいた。

 今治市日吉中3年の片山大騎さんは「県外選手との貴重な大会。前衛がよく動き、コースの見極めもすごくてレベルが高かった」と刺激を受けた様子。ペアを組んだ同市大島中3年の酒部蓮さんも「いろんな戦い方を学べた。もっと練習したい」と力を込めた。

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。