愛媛新聞ONLINE

2021
420日()

新聞購読
新規登録
メニュー

県高校夏季野球大会・県大会

第5日 準々決勝【済美 4-3 新居浜西】済美 劇的サヨナラ弾 新居浜西3点先制も涙

2020年8月7日(金)(愛媛新聞)

【新居浜西―済美】9回裏済美1死、山本が左越えに本塁打を放ち、サヨナラ勝ちを決める=西条ひうち球場

【新居浜西―済美】9回裏済美1死、山本が左越えに本塁打を放ち、サヨナラ勝ちを決める=西条ひうち球場

【新居浜西―済美】9回途中まで一人で投げ抜いた新居浜西の先発・登尾=西条ひうち球場

【新居浜西―済美】9回途中まで一人で投げ抜いた新居浜西の先発・登尾=西条ひうち球場

【新居浜西―済美】9回裏済美1死、山本が左越えに本塁打を放ち、サヨナラ勝ちを決める=西条ひうち球場

【新居浜西―済美】9回裏済美1死、山本が左越えに本塁打を放ち、サヨナラ勝ちを決める=西条ひうち球場

【新居浜西―済美】9回途中まで一人で投げ抜いた新居浜西の先発・登尾=西条ひうち球場

【新居浜西―済美】9回途中まで一人で投げ抜いた新居浜西の先発・登尾=西条ひうち球場

 高校野球県夏季大会第5日は6日、西条ひうち球場など2球場で準々決勝4試合を行い、ベスト4が出そろった。昨秋の県大会を制した済美は新居浜西に九回サヨナラ勝ちした。

 

 7日は試合なし。大会第6日は8日、坊っちゃんスタジアムで済美―宇和島東、帝京第五―松山聖陵の準決勝2試合を行う。

 

 

 

<西条ひうち球場 準々決勝2回戦(8時59分)>

 

 【評】済美打線が終盤に底力を見せ、逆転勝ちした。2点を追う八回2死から松永が口火を切る中前打。矢野の安打で好機をつくると山田琉、代打越智に連続タイムリーが出て同点に追い付いた。九回、山本の本塁打で決着をつけた。救援した菊池、有請の無失点リレーが勝利を呼んだ。

 

 新居浜西の右腕登尾は伸びのある直球を武器に七回まで素晴らしい投球。攻撃は初回、守備の乱れを突いて3点奪ったが、二回以降は本塁が遠かった。

 

 

 

【変化球 読みピタリ 守備ミス帳消し 思い実る】

 

 打球は長い滞空時間を経てレフトフェンスを越えた。3―3の9回裏、済美の山本がサヨナラ本塁打。昨秋の県大会王者が劇的な勝利でベスト4に名乗りを上げた。

 

 どうしても打ちたい理由があった。センターを守る山本は初回、後方に飛んだフライを判断ミス。グラブに当てながらも捕球できずにランニング本塁打とされ、新居浜西に3点を献上した。重い展開を招く引き金となってしまっていた。

 

 9回、頭の中は整理できていた。「終盤増えた変化球を狙う」。読みはピタリ。内角の変化球を振り抜くと打球は左翼へ。「なんとか入ってくれと思いながら必死に走った」。思いは実った。試合後は、同点に追い付き、名誉挽回のチャンスを与えてくれたチームメートに感謝した。

 

 「こういう試合をうっちゃって勝てないと優勝なんてできない」。劣勢の場面、中矢監督はナインにそうハッパを掛けたという。有言実行の1勝で勢いが生まれるか。次戦は昨夏の愛媛大会を制した宇和島東とぶつかる。

 

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。


    Web会員登録(無料)で月5本まで有料記事の閲覧ができます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログイン/新規登録してください。

    関連・チーム名鑑

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。