ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
929日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

県高校夏季野球大会・東予地区大会

第4日 3回戦【今治西 9-2 今治工】今治西中盤突き放す 今治工一時1点差も涙

2020年8月6日(木)(愛媛新聞)

【今治西―今治工】7回裏今治西無死一、二塁、池田(19)の2点三塁打でコールド勝ちを決め、喜ぶ今治西ナイン=西条ひうち球場

【今治西―今治工】7回裏今治西無死一、二塁、池田(19)の2点三塁打でコールド勝ちを決め、喜ぶ今治西ナイン=西条ひうち球場

<西条ひうち球場 3回戦(14時20分)>

 【評】今治西が中盤に長打を集めて引き離した。1点差とされた五回2死三塁から門田の三塁打に、加地と菊川が二塁打で続き3点を追加した。六回に久保が適時打を放ち、七回の池田のタイムリーで試合を決めた。

 今治工は四回の井上の中前打などで反撃。三回以降は毎回走者を得点圏へ進めたが、流れに乗れなかった。

 

◆最初の目標クリア◆

 【今治西・門田一塁手】(三塁打2本、2打点の活躍)「昨年の先輩と同じベスト8をまず目標としていたのでうれしい。ベルト付近の高さの球をうまく打てた。いい投手ばかりでチャンスは少ないが、私立に負けたくない」

 

◆長所の粘り出せた◆

 【今治工・檜垣主将】(8強入りならず)「苦しくても粘る今工の良さは出せた。後輩の声掛けや支えが力になった。(後輩に対し)うまくいかないことがあっても、耐えられれば最後に勝つことを信じて頑張ってほしい」

    関連・チーム名鑑

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。