ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
925日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

農水省「開封やめて」

中国「謎の種」愛媛でも 西条の女性宅

2020年8月4日(火)(愛媛新聞)

西条市の女性宅に届いた黒い種子。種子で隠した部分に女性の住所と氏名がローマ字などで印字されている(女性提供)

西条市の女性宅に届いた黒い種子。種子で隠した部分に女性の住所と氏名がローマ字などで印字されている(女性提供)

 愛媛県西条市の女性宅に7月下旬、注文していない種子が中国から届いていたことが3日分かった。農林水産省植物防疫所は、全国で同様事例が発生しているとして、開封しないよう注意を呼び掛けている。

 女性によると、「中国郵政」と書かれた12センチ四方の黄色い封筒が自宅に届いた。緩衝材付きの封筒の中には透明な袋があり、黒い粒状の種子が入っていた。封筒のラベルには主にローマ字で女性の住所と氏名が正確に記されていた。種子を含む植物の輸入時には防疫検査が必要だが、封筒に合格印は押されていなかったという。

 女性は不気味に思い種を捨てようと考えたが、インターネットで話題になっているのを知り、神戸植物防疫所松山出張所に相談。3日、種などを同出張所に郵送した。

 同出張所によると、7月31日以降、県内から3件の相談があり、女性とは別の1件の種が持ち込まれたという。心当たりのない種が届いた場合、合格印がなければ出張所に相談し、庭などに植えないよう呼び掛けている。

    国税調査2020

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。