ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
925日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

県高校夏季野球大会・東予地区大会

第3日 2回戦【小松 5-7 新居浜商】新居浜商、序盤に7点 小松打線 反撃あと一歩

2020年8月4日(火)(愛媛新聞)

【小松―新居浜商】1回裏新居浜商1死満塁、大西が左中間へ3点二塁打を放ち4―0とリードを広げる=西条ひうち球場

【小松―新居浜商】1回裏新居浜商1死満塁、大西が左中間へ3点二塁打を放ち4―0とリードを広げる=西条ひうち球場

 高校野球愛媛県夏季大会第3日は3日、西条ひうち球場で東予地区の2回戦2試合を行い、新居浜商が昨秋の県大会準優勝の小松に7―5で勝利した。

 新居浜商は4―0の二回、江口のスクイズで1点追加。三回は敵失にも乗じ、2点を加えた。先発山口は低めを突く投球でしのぎ、2番手江口はチェンジアップが効果的に決まった。

 小松は四回、4安打を集めて3得点し反撃ムードを演出。その後も得点差を詰めたが、いい打球が野手の正面を突く不運があった。

 

◆詰めが甘かった◆

 【小松・北主将】(四回に適時打)「逆転できるだけの打力はあると信じていたから、笑顔で声を掛け続けた。甲子園がなくなり気持ちが下がり、詰めが甘くなっていたと思う。ついてきてくれたチームメートに感謝する。

    ※夏季野球大会の写真販売はこちら

    関連・チーム名鑑

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。