ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1027日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

県高校夏季野球大会・東予地区大会

第2日 1回戦【小松 2-0 今治北】小松、継投実り快勝 今治北、再三の好機ふい

2020年8月3日(月)(愛媛新聞)

【小松―今治北】6回から登板し、無失点に抑えた小松のリリーフ・和田=西条ひうち球場

【小松―今治北】6回から登板し、無失点に抑えた小松のリリーフ・和田=西条ひうち球場

<西条ひうち球場 1回戦(11時50分)>

 【評】相手打線を完封した小松がロースコアゲームを制した。先発武田は低めを意識して丁寧に打たせて取り、続いた和田は投球回を上回る7奪三振の快投で隙を見せなかった。五回の近田の本塁打も大きかった。

 今治北は先発佐伯が粘投。四回の1死二、三塁など再三チャンスをつくったが、1点が遠かった。

 

◆ヒット狙った延長◆

 【小松・近田捕手】(五回にソロ本塁打)「投手戦になると思っていたので勝ててうれしい。次につなげようとヒットを狙った延長がホームランになった。連戦で苦しい戦いが続くと思うが、勝つ気持ちで挑みたい」

 

◆力は出し切れた◆

 【今治北・曽我中堅手】(二塁打を含む3安打でチームを鼓舞)「自分たちの力は出し切れたので悔いはない。追い込まれる前にストレートを振っていけたのがヒットにつながった。最後まで野球をやめずにできて良かった」

    関連・チーム名鑑

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。