ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
922日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

県高校夏季野球大会・東予地区大会

第2日 2回戦【今治工 9-0 今治西伯方・今治西連合】今治工、効果的に得点 今治西伯方・今治西散る

2020年8月3日(月)(愛媛新聞)

【今治工―今治西伯方・今治西連合】1回表今治工2死一、二塁、藤本健が右前打を放ち先制する=今治球場

【今治工―今治西伯方・今治西連合】1回表今治工2死一、二塁、藤本健が右前打を放ち先制する=今治球場

【今治工―今治西伯方・今治西連合】試合後整列する今治西伯方・今治西連合の選手=今治球場

【今治工―今治西伯方・今治西連合】試合後整列する今治西伯方・今治西連合の選手=今治球場

【今治工―今治西伯方・今治西連合】1回表今治工2死一、二塁、藤本健が右前打を放ち先制する=今治球場

【今治工―今治西伯方・今治西連合】1回表今治工2死一、二塁、藤本健が右前打を放ち先制する=今治球場

【今治工―今治西伯方・今治西連合】試合後整列する今治西伯方・今治西連合の選手=今治球場

【今治工―今治西伯方・今治西連合】試合後整列する今治西伯方・今治西連合の選手=今治球場

<今治球場 2回戦(12時42分)>

 【評】序盤から効果的に得点した今治工が無失点でコールド勝ちした。初回に藤本健の適時打で先制。五回は山田、西原の連続二塁打など打者11人の猛攻で試合を決定づけた。投げては藤本健、土佐のリレーで零封。

 今治西伯方・今治西連合の先発半田は制球に苦しんだ。六回に好機をつくったが、本塁が遠かった。

 

◆気迫の投球したい◆

 【今治工・藤本健投手】(4回を無失点、打撃でも3安打)「連投だったので、行けるところまで行くぞという気持ちで投げていたことが、打撃にもつながったと思う。次戦も自分の投球で攻撃に勢いをもたらしたい」

 

【分校+本校 ひたむきに伝統つなぐ】

 分校と本校の組み合わせで出場した今治西伯方・今治西連合。今治工に敗れたものの全員が力を合わせ、ひたむきに白球を追った。

 代替大会参加を決めた6月中旬ごろから、本校の1年生3人が加わり、週に1度、合同練習をした。分校の河本主将は「もともとあまり声が出ていないチームだったが、本校の選手は大きな声を出していた。礼儀正しさを含め学ぶところは多かった」と振り返る。

 本校から参加した選手にもプラスになったようで、中堅の新田は「練習するたびに連係プレーなどがうまくなる実感があった。本校の練習だけでは得られない経験があった」と充実した様子だった。

 チームには野球未経験者も2人。シートノックも満足にできなかったところから、日々進歩して大会に臨んだ。関本監督は「ここまで来るのが大変だったが、よく最後まで戦った。みんなで伝統をつないでくれた」と全員をねぎらっていた。

    ※夏季野球大会の写真販売はこちら

    関連・チーム名鑑

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。