ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1125日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

県高校夏季野球大会・東予地区大会

第1日 1回戦【今治北大三島 0-7 新居浜西】新居浜西 零封リレー 今治北大三島、痛い失策

2020年8月2日(日)(愛媛新聞)

【新居浜西―今治北大三島】7回裏新居浜西無死満塁、適時打を放ち7―0とする高橋大=今治球場

【新居浜西―今治北大三島】7回裏新居浜西無死満塁、適時打を放ち7―0とする高橋大=今治球場

<今治球場 1回戦(17時7分)>

 【評】そつのない試合運びで新居浜西がコールド勝ちした。初回、町田の適時三塁打と伊藤のスクイズで2点先制。三回を除き毎回得点を重ね、七回に高橋大の右前打で勝負を決めた。投げては3投手のリレーで無失点。

 今治北大三島は四回に亀田、先田の連打で好機をつくるも得点できず。五、六回の失策絡みの失点が響いた。

 

◆落ち着いて打席に◆

 【新居浜西・高橋大捕手】(3安打の活躍)「チームとして打撃にこだわってきた。ボールを引き込んで逆方向に打つ意識を持ち、落ち着いて打席に入れた。次戦も投手を助けられるような打撃を心掛ける」

 

◆ミスで負け悔しい◆

 【今治北大三島・亀田主将】(唯一の3年生)「自分たちのミスで負けてしまい悔しい。チャンスは何度かつくったが、打てなかったのは気持ちの弱さ。後輩のみんなが一生懸命頑張ってくれた。単独で出場できてよかった」

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。