ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
122日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

県高校夏季野球大会・南予地区大会

第1日 1回戦【吉田 1-9 宇和島南】宇和島南 主導権握る 吉田、5回に執念の一発

2020年8月2日(日)(愛媛新聞)

【宇和島南―吉田】6回裏宇和島南2死二、三塁、3ランを放ち喜ぶ日出山=宇和球場

【宇和島南―吉田】6回裏宇和島南2死二、三塁、3ランを放ち喜ぶ日出山=宇和球場

<宇和球場 1回戦(13時57分)>

 【評】宇和島南が初回につかんだ流れを離さなかった。初回に井上の先頭打者本塁打などで2点、二回は西本の2点三塁打で加点した。六回には2死二、三塁から日出山が7点差とする3ランを放った。

 吉田は散発4安打と打ちあぐねた。五回に途中出場の清水が左越え本塁打を放ち一矢報いた。

 

◆6年間一緒の勝利◆

 【宇和島南・谷脇投手】(投げては7回1失点、打っては3安打の活躍)「6年間一緒にやってきた9人がスタメンで、勝って喜びたいと力が入った。4番でエースというポジションを重責と思わず、いつも通りプレーする」

 

◆恩返ししたかった◆

 【吉田・長野主将】(三者凡退に倒れた後に失点した初回を悔やみ)「いいムードをつくらせてしまい、こちらが押す展開にできなかった。豪雨災害やコロナがあっても野球をさせてくれた多くの人に勝利で恩返ししたかった」

    関連・チーム名鑑

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。