愛媛新聞ONLINE

2021
121日()

新聞購読
新規登録
メニュー

サッカー天皇杯

県代表選出、3チーム勝ち抜き戦 レベニロッソNC・麻生FC・松山大

2020年8月1日(土)(愛媛新聞)

 県サッカー協会は31日までに、新型コロナウイルスの影響で中止した第100回天皇杯全日本選手権県代表決定戦兼県選手権を、天皇杯の大会方式変更に伴い再開すると発表した。

 県代表決定戦は2月に2回戦まで実施後、新型コロナの感染拡大を受け準々決勝以降の実施を断念。参加チームの中で所属リーグが最上位のJ3FC今治を県代表に選んでいたが、天皇杯の規模縮小でJ3チームが不参加となったため、選出方法を再検討していた。

 FC今治の欠場により、3チームでトーナメントを継続する。レベニロッソNC(旧新商クラブ)―麻生FCの準決勝は9日午後6時から北条スポーツセンター球技場で実施。勝者が松山大と23日午前10時半から同センター陸上競技場で決勝を戦う。

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。