ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
86日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

津島高スポーツクライミング部

東京のトレーナー招待し、トップ級の体づくり体験

2020年7月21日(火)

小田さん(中央)から体幹トレーニングの正しい方法を教わる部員ら

小田さん(中央)から体幹トレーニングの正しい方法を教わる部員ら

小田さん(中央)から正しい体幹トレーニング法を教わる部員ら

小田さん(中央)から正しい体幹トレーニング法を教わる部員ら

柔軟運動を通して体の癖を確認し合う部員ら

柔軟運動を通して体の癖を確認し合う部員ら

 今春、同好会から昇格した津島高校(宇和島市津島町高田)スポーツクライミング部がこのほど、日本のトップ選手を指導するトレーナーを招き、同市長堀2丁目の市スポーツ交流センターで練習に臨んだ。座学や実技を通して体づくりの方法などを教わり、今後の活動に意欲を燃やした。

 

 中村真緒選手らのトレーニングに携わる小田佳宏さん(東京)が講師を務めた。小田さんは11日、トレーニングの目的は「クライミングをけがなく楽しく続けるため」と力説。パフォーマンスを上げるには柔軟性、安定性、持久力、筋力、技術の五つが必要とし、初めの三つは運動を成り立たせる土台になるため特に大切だとした。

 日ごろの柔軟運動で体のアライメント(正しい姿勢を保つ体の組み方)を整えておき、運動時はまずウオーミングアップで体の深部体温を温め、筋肉が動きやすくするよう助言した。

 参加した部員13人は2人一組になって自分では気づきにくい体の癖をチェックし、片側に傾いていることなどを指摘し合った。

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。