愛媛新聞ONLINE

2021
1020日()

新聞購読
新規登録
メニュー

操作方法や注意点学ぶ

社会参加へeスポーツ 障害者向け、県が講習会

2020年7月20日(月)(愛媛新聞)

eスポーツを体験する参加者ら=19日午後、松山市中野町

eスポーツを体験する参加者ら=19日午後、松山市中野町

 障害者に「eスポーツ」普及を図る愛媛県のeスポーツスタートアップ支援事業の講習会が19日、松山市中野町の社会福祉法人宗友福祉会はばたき園であり、10~40代の知的障害のある入所者26人が操作方法や注意点を学んだ。

 

 社会参加のツールとして活用しようと本年度から始まった事業で、機器を無償貸与し、ゲーム依存症対策を含む環境整備を支援する。

 

 講習会で県の担当者は、eスポーツを楽しむ時間や場所を決め、生活習慣を崩さないよう求めた。パズルゲームを体験した参加者は、最初はぎこちない操作だったものの徐々に上達。回転や移動を駆使して連続でパズルを消す高度な技を披露し、「いい勝負」「うまい」と歓声が響いていた。

 

 参加した女性(33)は「初めてで緊張したけど楽しめた。色を合わせるのが難しかったが、教えてもらってだいぶ慣れた。頑張って大会に出て1位になりたい」と目標を掲げていた。

 

 はばたき園職員の宮内直人さん(42)は「新型コロナウイルス対策下でも交流できる有効なコミュニケーション手段だと思う。目標を持って達成感を得てもらいながら楽しく使いたい」と話した。

 

 本年度は4施設で実施予定。県は9月に商業施設での大会も計画している。

 

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。