ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
813日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

ニンスタ143日ぶり観客

帰ってきた愛媛FC「12番目の選手」

2020年7月16日(木)(愛媛新聞)

試合に敗れた選手らを拍手でねぎらう愛媛FCサポーター=ニンスタ

試合に敗れた選手らを拍手でねぎらう愛媛FCサポーター=ニンスタ

 143日ぶりにサポーターがニンスタに帰ってきた。愛媛FCは15日のホーム岡山戦からJ2再開後初めて観客を受け入れた。新型コロナウイルス対策で人数や応援方法に制限があるものの、838人がワンプレーごとに拍手を送って選手を後押しした。

 午後5時半ごろからニンスタ周辺にはユニホームやグッズを身につけたサポーターが来場。松山市荏原小学校5年の男子児童(11)は「ずっと配信や録画で見ていたので、スタジアムに見に来られてよかった」と久しぶりの生観戦を喜んだ。

 来場者には入場時に検温や手指消毒を実施。試合前にサポーターが歌う「この街で」は、事前にサポーターから寄せられた動画で選手を鼓舞した。

 観客は社会的距離を保つため3席空けて着席。声を出しての応援や手拍子が禁止となったが、チャンスの場面では拍手で選手の背中を押した。

 試合後、サポーターグループ「U.E.C.N.」代表の中村泰輔さん(31)は「90分プレーを見られて新鮮だったが、ピンチでも声を出せずもどかしさがあった。拍手だけでも選手のために何かできないか探していきたい」と振り返った。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    スポーツ最新ニュース

    トップ10ニュース(国内・海外)

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。