ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
928日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

県準備委設立総会

四国で全国高校総体 県内8競技の開催地を承認

2020年7月16日(木)(愛媛新聞)

 2022年夏に四国4県で開催される全国高校総体(インターハイ)に向けた県準備委員会設立総会と第1回総会が15日、松山市堀之内の県立図書館であった。県内は8競技8種目を実施予定で、開催市町を盛り込んだ基本案を承認した。

 体操競技と柔道、ハンドボールを松山市、ソフトテニスとボートを今治市、空手道を四国中央市、重量挙げを新居浜市、卓球を宇和島市で行う。使用施設は調整中。計1万人の選手、監督らの参加、延べ約15万人の観戦が見込まれるとした。

 準備委の会長は、県教育委員会の田所竜二教育長が就いた。会合では、出席者が熱中症対策のほか、新型コロナウイルスを踏まえ衛生管理の充実を要望。田所会長は「2年後に新型コロナがしっかりと収束しているかは分からない。(熱中症と感染症)対策の両立へ、今夏と来夏で知見を積み重ね、一人も倒れることのない大会にしたい」と述べた。

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。