愛媛新聞ONLINE

2021
35日()

新聞購読
新規登録
メニュー

14日

県内 昼前にかけ激しい雨か

2020年7月14日(火)(愛媛新聞)

 雨が続く県内では、14日朝から昼前にかけて局地的に雷を伴い激しく雨が降る見込みで、松山地方気象台は13日午後4時42分、大雨と強風、高波に関する県気象情報を出した。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、強風、高波に警戒・注意が必要。

 

 低気圧から延びる前線が14日に四国地方を通過する見込みで、暖かく湿った空気が流れ込み大気の状態は不安定となる。

 

 気象台によると、県内22カ所の地域気象観測システム(アメダス)の観測点のうち、5カ所で7月1日から12日までの降水量が7月平年値の2倍に達した。

 

 内訳は、西予市宇和620・0ミリで平年比232%▽大洲市長浜410・0ミリで223%▽松山413・5ミリで216%▽愛南町御荘486・5ミリで205%▽伊方町瀬戸398・5ミリで201%。気象台は「広い範囲で地盤の緩んだ所があり、同じ場所で雨雲が停滞し予想より発達した場合は危険度がさらに高まる」と土砂災害への警戒を呼び掛けている。

 

 14日に予想される1時間降水量は多い所で40ミリ。14日午後6時までの24時間降水量は多い所で東予80ミリ、中南予100ミリ。最大風速は陸上で東予12メートル、中南予13メートル。海上は東予15メートル、中南予18メートル。波の高さは東中予1・5メートル、南予2メートル。

 

 気象台は13日午後4時38分、県内に大雨雷強風波浪注意報を出した。

 

    真相追求 みんなの特報班

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。