ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
813日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

西日本豪雨 大洲の被災者応援

オリジナルDVD贈呈 県内ミュージシャンらが制作

2020年7月11日(土)(愛媛新聞)

参加者がリモート演奏で収録したオリジナルソング「大丈夫!」の一場面(Ⓒ2020 CACTUS Inc.)

参加者がリモート演奏で収録したオリジナルソング「大丈夫!」の一場面(Ⓒ2020 CACTUS Inc.)

 2018年7月の西日本豪雨災害の被災者を応援しようと、県内のアマチュアミュージシャンらが民謡や朗読、オリジナルソングを収録したDVD100枚を大洲市肱川町山鳥坂地区の住民に届けた。

 18年から毎年、地元高齢者有志でつくる「どんどこサロン山鳥坂」(河野美治会長)が復興応援コンサート「小さな音楽会」を山鳥坂地区で開催していたが、今年は新型コロナウイルス感染拡大を受け中止した。

 出演予定だった神野匡崇さん(44)=新居浜市中村2丁目=を中心に、ミュージシャンら9人がDVD制作に参加。鹿児島・奄美大島の民謡や朗読、昭和歌謡曲の動画のほか、リモート演奏で、それぞれが撮影した動画を一本の楽曲にまとめたオリジナルソング「大丈夫!」(作詞・作曲は神野さん)も詰め合わせた。

 神野さんは「新型コロナ感染症の影響でなかなか外出できないと思い、家の中でも楽しめるように企画した」と意図を説明し「みんなで歌って前を向き、手を取り合って頑張ろうという思いを伝えたい」と期待を込めた。

 DVDを受け取った河野さんは「いまだに仮設住宅で暮らす人もいるし、なかなか地域で集まれない中で音楽は安らぎになる。近隣地区の人たちにも配りたい」と感謝していた。

    インターネットの最新情報のことなら「サクッと光」

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。