ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
813日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

3年生ら90人遠隔授業

大学入試、新たな視点 西予の3高校合同セミナー

2020年6月29日(月)(愛媛新聞)

新入試制度への対応について遠隔での合同セミナーで学ぶ宇和高校の生徒たち

新入試制度への対応について遠隔での合同セミナーで学ぶ宇和高校の生徒たち

 大学入試制度の変更への対応を考えようと、西予市の宇和高校と宇和高校三瓶分校、野村高校はこのほど、ビデオ会議システムを活用した合同対策セミナーを開いた。3校の3年生ら約90人が面接や志望理由書で、経験と考えをまとめて表現する方法を学んだ。

 3校は2017年度から学校の魅力や生徒の能力を向上する目的で連携して勉強会などを実施している。今回は新型コロナウイルス感染拡大に鑑み、初めて遠隔授業形式で開催した。

 三崎高校や三瓶分校などで公営塾設立・運営に携わる「プリマペンギーノ」の藤岡慎二代表取締役が講師を務め、今後の社会や入試では知識や技能だけではなく、思考力や表現力、主体性、協働性が重視されると説明。志望理由や将来の目標を言語化する際のエピソードの盛り込み方、分かりやすくするための構成を指南した。

    インターネットの最新情報のことなら「サクッと光」

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。