ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
86日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

J2きょう27日再開

愛媛FCいざ徳島戦 攻撃の厚みカギ 

2020年6月27日(土)

リーグ再開初戦の四国ダービーに向けて調整する愛媛FCの選手=26日、愛フィールド梅津寺

リーグ再開初戦の四国ダービーに向けて調整する愛媛FCの選手=26日、愛フィールド梅津寺

 サッカーのある日常への第一歩―。新型コロナウイルスの影響で約4カ月中断していた明治安田J2リーグが27日再開する。愛媛FCは同日午後6時から、県総合運動公園ニンジニアスタジアムで徳島との四国ダービーに臨む。観客の入らないリモートマッチとなるが、宿敵相手に白星を挙げ、過酷なリーグ戦へ勢いをつけたい。

 

 26日は松山市の愛フィールド梅津寺で約1時間、軽めに調整。クロスからのシュート練習などでボールの感触を確かめた。

 試合は20日のFC今治との練習試合で試した4―3―3で臨む可能性が濃厚。攻撃にどれほど厚みを加えられるかが鍵を握りそうだ。横谷は「周りと連係を取ってボールを回すことをより高い位置でやりたい。こんなに長い期間試合がなかったのは初めてなので、非常に楽しみ」と話す。

 昨年4位の徳島は、ロドリゲス監督が4年目の指揮を執り、ボールを保持して攻めるサッカーが浸透。2月の開幕戦は3―0と快勝している。スタイルは愛媛と似ているが、川井監督は「相手のゴール前でどれだけボールを握れるか。そこで仕掛けられる回数が得点に結びつくと思う」と展望する。

 前野は「内容も大事だが、ダービーは何より結果。勝ち点3を取ることだけを考えて準備したい」と闘志を燃やし、「勝てばサポーターも喜んでくれるし、チームもいいスタートが切れる。いろんな意味で大きな一戦になる」と話した。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    スポーツ最新ニュース

    トップ10ニュース(国内・海外)

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。