ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
811日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

山瀬理恵子の行ってこ~わい 愛媛食材で愛あるアス飯

⑪シラス 心身バランスアップ伊方産しらす丼

2020年6月27日(土)(愛媛新聞)

 

 

 長い自粛生活を小休止し、潮の香りを求めて日本で一番細長い佐田岬半島へ。特産のシラスの水揚げが見られると聞き、早朝5時半、松山を出発し伊方町へ。

 メロディーラインを抜けて到着したのは宇和海を望む沿岸。朝一番の漁を終えた漁船が同町川之浜の港に停泊していた。福島産業の福島貴行さん(26)の案内で漁船に乗り水槽をのぞくと、獲れたてのシラスが見える。山瀬さんは生の状態を味見すると「人生で一番魚を感じた!」と新鮮さに感動。

 シラスはコンテナに移し替えるとすぐに朝日共販の工場に運び加工する。港から工場まで約600メートル。漁場と港、工場が近いのが鮮度を保つ秘訣(ひけつ)だ。

 

 

 

【漁獲から加工まで30分 新鮮さ命の釜揚げしらす】

 朝日共販の工場で「釜揚げしらす」の作り方を見せてもらうことに。加工工程は全自動化され、人の手がシラスに触れることなく異物除去から炊き上げまで行える。

 大きな魚を除いた後、ベルトコンベヤー上を流れるシラスを目視で確認し、小さい異物を吸引器で吸い取る。100度の熱湯で3分間ゆでたら再度ベルトコンベヤーに乗り熱を取りながら箱詰めコーナーへ。あっという間に製品の出来上がりだ。工場長の阿部慎一郎さん(43)は「海上で捕ってから釜揚げ完了まで30分で終わります」と胸を張る。

 加工した商品は伊方町観光交流拠点施設「佐田岬はなはな」(同町三崎)に並ぶ。「今朝捕れたシラスは『朝獲れ』シールが付いています。数量限定なので見つけたらお得」と阿部さんが教えてくれた。早速いってみよう!

 

【オープン直後の「佐田岬はなはな」へ】

 「佐田岬はなはな」は5月末にグランドオープン。1階の売店「しらすパークはなはな」ではしらす商品や地元農家のかんきつジュース、野菜などがそろう。売りは常設のいけす。地元で取れたイセエビやアワビなどが購入できる。人気のしらすアイスは、アイスの中にしらすの塩漬けが入った珍しい一品。支配人の佐々木伊津子さん(39)は「三崎地区は海と山の距離が近くかんきつが特産。瀬戸内海と宇和海に面していて、いろんな海の幸も楽しめる」と話す。

 2階の「しらす食堂はなはな」はガラス張りの窓から海を見渡せ、隣接する三崎港に出入港するフェリーを眺められる。「海の風を感じながら食事をしてほしい。この眺めもごちそうです」と佐々木さん。

 

 

【これ1つで栄養素完結のしらす丼】

 料理長の與品直人さん(57)が看板メニューの釜揚げしらす丼を出してくれた。朝獲れしらすをたっぷり使ったぜいたくな一品。試食した山瀬さんは「海が広がった」としらすを堪能し「おいしさは完璧。献立にしたときに丼1つで栄養素が完結できるものにアレンジしてみます」と意気込んだ。

 

 

【山瀬家の食卓を支えた小さな大黒柱】

 メインとなるシラスは内臓も丸ごと食べられる栄養の宝庫。抗炎症作用があるオメガ3脂肪酸が豊富で、けがの際は積極的に取るとよい。カルシウムの吸収を促すビタミンD3が入っており「昨年、我が家の食卓に一番出した魚」という。ビタミンB12は貧血予防や末梢神経、中枢神経の機能維持改善に役立つ。

 なめこはビタミンB群やβグルカンを含み、食後の血糖値上昇を抑える。ぬめり成分コンドロイチンは皮膚の保水性を上げ、肌に張りやつやを与える。ミョウガの香り成分は森林と同じとされ、抗菌、抗炎症作用や気持ちを安定させる役割がある。大葉は防腐作用があり夏場におすすめ。これらの材料を細かく切って混ぜた後、ご飯の中央に乗せ、生卵を落とせばできあがり。

 

 試食した與品さんは「ミョウガやシソの香りがさっぱりしておいしい」、工場から駆け付けた阿部さんは「ビールに合いそう」と笑顔。山瀬さんは「ミョウガがしゃきしゃきしていてシラスが引き立つ。シラスの水揚げから製品になるまでの工程を見て、シラスを見る目が変わった」と意義深い一日になったようだ。

 

 

【佐田岬はなはなで使えるクーポン 愛媛新聞アプリで配布】

 愛媛新聞ONLINEアプリで、佐田岬はなはなのクーポン「店長セレクトのプレゼント」(先着200人)をゲットできます。1階の売店「しらすパークはなはな」で一度に1000円以上購入し、レジでアプリのクーポンを提示すると、佐々木さんセレクトのしらす製品をプレゼントしてくれます。

 アプリを無料ダウンロードし、愛顔会員またはアクリートくらぶ会員に無料登録すると、取得できます。クーポンの取得、使用期間は9月27日まで。この機会にぜひアプリをご利用ください。

 アプリのインストール、使用は無料。詳細はhttps://www.ehime-np.co.jp/online/guide/#app_online

 

 次回は内子町に行ってこ~わい!

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。