ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
926日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

県議会開会、7月7日まで19日間

7月の議員報酬30%減可決 新型コロナ対策など補正予算案上程

2020年6月19日(金)(愛媛新聞)

新型コロナ対策で議席の間隔を空け開会した6月定例県議会=19日午前、議事堂

新型コロナ対策で議席の間隔を空け開会した6月定例県議会=19日午前、議事堂

 6月定例愛媛県議会が19日、開会した。新型コロナウイルス感染症の影響を受ける経済活動への支援を盛り込んだ補正予算案など理事者提出の15議案と、7月の議員報酬を30%減額する議員提出の条例案を本会議に上程。同条例案を先行して可決した。会期は7月7日までの19日間。

 議員報酬の減額後、議長は67万9000円、副議長は60万9000円、その他の議員は57万4000円となり減額は計1162万2000円。

 補正予算案は一般会計の139億9371万円で、新型コロナへの対応に19億971万円を計上。観光や公共交通、県産品の需要喚起を促すほか、中等症患者の受け入れ病床確保など感染第2波に備えた医療・検査体制の強化を図る。

 また、防災・減災対策を推進し河川や海岸、砂防施設の整備などを117億2565万円で実施。加工食品や水産物の輸出促進に向けた食品衛生管理の国際基準「HACCP(ハサップ)」対応施設の整備支援など産業の振興にも取り組む。

 中村時広知事は、間もなく発生から2年となる西日本豪雨災害に触れ「県政の最優先課題である創造的復興に総力を挙げて取り組む」と強調。新型コロナに対応した国の第2次補正予算を受けた県の補正予算案編成を進めており、追加提出を考えているとした。また、脅迫容疑での県職員の逮捕を陳謝した。

 理事者提出議案の内訳は予算1、条例5、その他8、諮問1。24日からの質問戦には6会派の12人が登壇する。

 19日は新型コロナで販売不振となった事業者を応援しようと、県議会主催の初めての県産品販売会が議事堂であり、議員や職員らが購入。花卉(かき)の消費拡大PRに向け、議員負担による本会議場の議長席横への生花設置や各議員へのスタンドブーケの配布も行った。

    ※新型コロナウイルス関連情報はこちら

    国税調査2020

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。