愛媛新聞ONLINE

2021
1021日()

新聞購読
新規登録
メニュー

新田高

高校生記者 放送部が活動5年目も担当

2020年6月17日(水)(愛媛新聞ONLINE)

 

 新田高校(松山市)の放送部が、本年度も「発信!高校生記者」の活動に取り組みます。担当するのは1~3年の計22人です。このうち、主体となる1,2年生が6月17日、リモートで養成講座を受講しました。

 

 同校の放送部は2016年度にスタートした「えひめ国体・えひめ大会」の高校生記者活動に取り組み、本年度が5年目です。すでに2年生2人が中心となって、コロナ禍で活躍の舞台を失った3年生にスポットを当てた新企画の動画コンテスト「愛顔アオハル杯」の撮影を始めており、未経験の1年生を中心に事業内容を説明しました。

 

 同校は昨年度、全国総体に臨む男子ソフト部など3本の記事を紹介し、高校生記者の活動は参加校の中で有数の存在となっています。愛媛新聞社のスタッフはこれまでの活動を愛媛新聞のサイトやアプリ「愛顔スポーツ」で紹介していることを説明。取材、写真撮影の基本や記事の書き方などは本年度、レクチャー動画としてyoutubeに限定配信していることも伝えました。そのうえで、取材チームの紹介動画と画像の投稿を要請しました。

 

 愛媛新聞では7月下旬に運動部の3年生を中心に据えた特集面の制作を計画しています。同校の柔道部は卒業まで活動することが伝統となっており、その様子などを紙面で紹介することを確認しました。日程の調整後、本年度初の記事取材に入ります。

 

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。