ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1029日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

愛媛FC

動画配信 伝えたい熱意 サポーター「投げ銭」で応援

2020年6月14日(日)(愛媛新聞)

愛媛FC事務局で、紅白戦の映像に合わせて生解説する(左から)森谷、西岡輝、前野の3選手=13日、松山市三町3丁目(愛媛FC提供)

愛媛FC事務局で、紅白戦の映像に合わせて生解説する(左から)森谷、西岡輝、前野の3選手=13日、松山市三町3丁目(愛媛FC提供)

 公式戦の中断中もファンに楽しんでもらおうと、愛媛FCは13日、トップチームの紅白戦を会員制交流サイト(SNS)「pring(プリン)」で配信した。多くのサポーターが本番さながらのプレーと選手3人の解説を満喫。クラブとして初めて募った投げ銭による支援では、視聴者から20万円以上が寄せられた。

 4日に松山市の北条スポーツセンターで行われた45分の紅白戦を配信。DF前野貴徳(松山市出身)、DF西岡大輝、MF森谷賢太郎の3人が、映像に合わせて生解説を担当した。

 「愛媛は1トップが絶対的に強いわけではないので、できるだけグラウンダーのパスをつなぐことを意識している」「(リードしている状況では)相手を引き出すためにパスを回している」などと、選手ならではのコメントで試合を振り返ったほか、選手の人となりやピッチ外の話題も盛り込まれ、和やかな雰囲気で約1時間の配信を終えた。

 リモート取材に応じた前野は「普段サポーターが知らない情報もあったので、楽しんでもらえたと思う。選手がスタッフと一緒に企画をつくることができて充実している」と笑顔で語った。

 運営に関わった営業部の田村光平さん(33)は「選手はサポーターやスポンサーに対して、できることをしたいという姿勢を見せてくれている。今後も負担にならない範囲で、何か一緒にできたら」と話していた。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    スポーツ最新ニュース

    トップ10ニュース(国内・海外)

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。