ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
86日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

3チームとオンライン

eスポーツでプロと激突 松山で障害児ら

2020年6月7日(日)

地元プロスポーツ選手らとのオンラインゲーム対戦を楽しむ児童ら=6日午後、松山市山越4丁目

地元プロスポーツ選手らとのオンラインゲーム対戦を楽しむ児童ら=6日午後、松山市山越4丁目

 愛媛のプロスポーツ選手らと障害者がオンラインゲームで競うeスポーツ体験会が6日、松山市で開かれ、交流を深めながら熱戦を繰り広げた。

 eスポーツは3密を避けて自宅などでスポーツの感動や興奮を味わえるとして、県が初めて主催した。野球の愛媛マンダリンパイレーツ(MP)、サッカーの愛媛FC、バスケットボールの愛媛オレンジバイキングス(OV)から各2人が参加。小学4年生~高校2年生の障害児18人でつくるeスポーツチーム「マルクスコラ サイクロンズ」のデイサービス施設と各クラブ事務所をインターネットでつなぎ、野球やサッカー、パズルゲームでオンライン対戦した。

 松山市山越4丁目のデイサービス施設では、試合でリードすると「勝てるぞ! 頑張れ」とチームメンバーが熱心に応援。野球ゲームで愛媛MPの岩永汰久投手に挑戦し、1―0の接戦を制した男子児童(10)は「配球やけん制球の使い方が上手だった。一緒にやった選手に会ってみたい」と愛媛MPの試合観戦にも興味が湧いた様子だった。

 県は今後、障害者支援としての側面に重点を置きeスポーツを推進していくという。

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。