ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
72日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

関係市町と国・県など

肱川流域緊急対応 本年度版 防災行動計画を締結

2020年6月6日(土)(愛媛新聞)

2020年度の肱川流域緊急対応タイムラインを締結するなどした肱川大規模氾濫に関する減災対策協議会=5日午後、大洲市中村

2020年度の肱川流域緊急対応タイムラインを締結するなどした肱川大規模氾濫に関する減災対策協議会=5日午後、大洲市中村

 肱川流域の市町や国、県、大学関係者らによる「肱川大規模氾濫に関する減災対策協議会」は5日、新型コロナウイルス感染拡大防止のためオンラインで会合を開き、災害の予測から避難、発生など段階に応じた各機関の行動を示した「肱川流域緊急対応タイムライン(防災行動計画、TL)」の2020年度運用版を締結した。

 同TLは流域全体用と大洲・西予両市に特化した3種類あり、台風の接近で流域に影響があると予測される場合に始動。始動から避難、災害発生など5段階のステージごとに行動目標を定め、ステージ移行の判断基準も明記している。

 主な行動は、情報発信や災害対策本部の設置、住民の避難誘導、樋門(ひもん)・ダム操作など。段階に応じた各機関の行動を詳細に定め、一目でそれぞれの役割が分かるようにしている。

 TLの締結を受け、管家一夫西予市長は「災害対応における的確な判断や防災行動の実現により、人的被害ゼロを目指す今回の締結は非常に心強い」と評価。二宮隆久大洲市長は「最大限の防災効果が発揮できるよう各位の一層の協力をお願いする」と呼び掛けた。

    インターネットの最新情報のことなら「サクッと光」

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。