ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1125日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

同時多発被害を想定

重信川氾濫 国・自治体ホットライン 副所長―副市町長ら追加

2020年6月6日(土)(愛媛新聞)

ウェブを通し、重信川の治水に関する取り組みの報告があった減災対策協議会=5日午後、松山市土居田町

ウェブを通し、重信川の治水に関する取り組みの報告があった減災対策協議会=5日午後、松山市土居田町

 重信川の流域5市町や県、国土交通省松山河川国道事務所などでつくる大規模氾濫に関する減災対策協議会が5日、新型コロナウイルス感染拡大防止のためウェブ会議で開かれた。流域での同時多発的な被害を想定し、事務所と自治体のホットラインを複数化したと報告された。

 事務所によると、複数化は昨年の関東などでの台風災害を受けた情報発信の改善策。所長から首長へのホットラインだけでは迅速な対応が難しいため、副所長から副市町長、防災担当部長らへも追加した。

 国が本年度の着手を目指す「流域治水プロジェクト(仮称)」の説明もあった。事務所は多発する水災害のリスクに備えようと、河川・下水道管理者だけでなく自治体や企業、住民らを含む流域全体で治水対策を進める狙いとした。

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。