ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
86日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

専門医らの103冊展示

がん 子どもたちに伝える 県立図書館にコーナー

2020年6月4日(木)

県立図書館で始まった、子どもたちにがんを伝える書籍の展示

県立図書館で始まった、子どもたちにがんを伝える書籍の展示

 がんについての理解を子どもたちに深めてもらおうと、専門医らの書籍103冊を紹介する展示が5月30日、松山市堀之内の県立図書館で始まった。7月30日まで。展示書籍の貸し出しにも応じている。

 展示コーナーには、専門医がイラストを使って解説する「よくわかるがんの話」(全3巻)や、写真絵本「さよならエルマおばあさん」などが並ぶ。

 国は2016年の改正がん対策基本法や翌年の改正学習指導要領に、がん教育推進を盛り込んでいる。学校現場でのがん教育本格化も見込まれる中、さまざまな情報を子どもたちに届けようと初めて企画した。

 同館の橘可奈子相談グループ担当係長(55)は「がんは2人に1人がかかるといわれる。この病について考えるきっかけにしてほしい」と説明している。

 県立図書館は16年作成の書籍リスト「子どもにがんを伝える本」を今年5月に改訂。第2版として出しており、ホームページでも公開している。

    インターネットの最新情報のことなら「サクッと光」

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。