ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
714日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

NTT西日本

松山病院 事業譲渡へ 医療法人など前提検討

2020年6月4日(木)(愛媛新聞)

NTT西日本が事業譲渡を検討していることが分かったNTT西日本松山病院=3日午後、松山市喜与町1丁目

NTT西日本が事業譲渡を検討していることが分かったNTT西日本松山病院=3日午後、松山市喜与町1丁目

 NTT西日本(大阪市)が、運営するNTT西日本松山病院(松山市喜与町1丁目)の事業譲渡を検討していることが3日、愛媛新聞の取材で分かった。同社は、譲渡先が決まっていないためスケジュールなども含めた詳細は「お答えしかねる」としている。

 同社は松山病院の経営について「企業立病院はいろいろな規制を受け、病院業務しかできない。介護など付帯業務もできる一般の病院より経営が厳しく、最先端の医療機器や医師の確保も難しい」と説明。「病院や地域医療、従業員の雇用の継続を目的に、企業立病院としての制約を受けない医療法人などへの譲渡を前提に検討を進めている」としている。

 NTT西日本によると同病院の病床数は現在78床で、内科と小児科、外科、整形外科、産婦人科、ドック室がある。1936年に松山逓信診療所として開設。44年には「松山逓信病院」が設置された。民営化や会社再編成を経て、99年にNTT西日本松山病院に名称変更した。

 NTT西日本はこれまでも各地で病院を事業譲渡するなどしており、現在運営しているのは松山を含め2病院。

    インターネットの最新情報のことなら「サクッと光」

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。