ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
716日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

サッカーJ2、27日再開 陸上高校選手権も

その時へ 地ならし万全 ニンジニアスタジアム

2020年6月3日(水)(愛媛新聞)

青々と育った県総合運動公園ニンジニアスタジアムの芝生=2日午前、松山市上野町

青々と育った県総合運動公園ニンジニアスタジアムの芝生=2日午前、松山市上野町

 新型コロナウイルスの影響で、予定されていたスポーツ大会の中止や延期が続く県総合運動公園(松山市上野町)。選手たちの姿が消えても、施設では活動再開に備えた準備が間断なく行われている。ニンジニアスタジアムでは2日、スタッフ8人が芝生を手入れ。「明日使っても大丈夫」という万全な状態を維持している。

 同公園によると、3月から影響が顕著になり、5月には予定されていたイベント約50件全てが取り消された。ニンスタなどの芝生はしばらく使われていないが、担当職員の寺岡義暁さん(39)は「いつ再開するか分からない。省いた作業は一つもない」と丁寧な管理を続けてきた。

 芝生にとってはストレスが少なく、状態は例年より良好という。「ぐんぐん育ち、普段より一本一本が太く、色が濃い。密度が高いので、クッション性は上がっていると思う」と寺岡さん。2日は芝刈り機に乗り込み、整然としたしま模様が浮かぶよう念入りに手入れした。

 サッカーJ2が27日に再開することになり、8月上旬には陸上の県高校選手権が控える。寺岡さんは「選手は芝生の状態でモチベーションが変わると思う。高校生にとっては、次の一回がニンスタを使う最後の機会かもしれない。ベストな状態で迎えたい」と汗を流している。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    スポーツ最新ニュース

    トップ10ニュース(国内・海外)

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。