ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
79日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

愛媛MPでは選手らに報告激励

四国IL開幕、20日に決定 当面は感染予防で無観客試合

2020年6月2日(火)(愛媛新聞)

開幕日決定の報告を受ける愛媛マンダリンパイレーツの選手ら=1日、松山市恵原町

開幕日決定の報告を受ける愛媛マンダリンパイレーツの選手ら=1日、松山市恵原町

 四国アイランドリーグplus(IL)は1日、新型コロナウイルスの影響で白紙となっていた今シーズンの公式戦開幕日が20日に決まったと発表した。当面は感染予防のため無観客試合とし、入場可能となる時期は状況を見て判断する。

 政府の緊急事態宣言が四国4県で解除され、日本野球機構(NPB)が今月19日のプロ野球開幕を決めたことなどを踏まえた。当初は3月28日開幕を予定していた。

 開幕カードの球場や試合開始時間を含め、今季の日程は3月発表時点の内容をベースに今月15日をめどに詰める。

 1チーム年間76試合は維持する方針で、9月中旬としていたシーズン終了を10月まで延ばすことを視野に入れ調整する。前・後期制の見送りや年間総合優勝を決めるチャンピオンシップ(CS)の開催可否も検討する。

 リーグを運営するIBLJの馬郡健社長は「夢を果たすために四国に集まった選手の思いと感染予防の間で、もどかしさを抱えていたが、開幕日を決められたことは良かった。選手にはたまっていたものを試合で爆発させてほしい」と話した。

 愛媛マンダリンパイレーツ(MP)では、薬師神績球団社長が松山市恵原町の愛媛銀行グラウンドで開幕日決定を選手らに報告。「健康に留意して開幕に向けて調整してほしい。厳しい状況だが、記憶に残るシーズンにするため、一緒に頑張ろう」と激励した。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。