ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
713日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

松山市を拠点に活動

ピアニスト石崎愛惟「ポーランドと愛媛の懸け橋に」

2020年5月25日(月)(愛媛新聞)

石崎愛惟さん

石崎愛惟さん

 ポーランドで活動していたピアニスト石崎愛惟=写真=が2019年10月、帰国し、出身地の松山市を拠点に活動を始めた。地元でのリサイタルは中止になったが、「ポーランドと愛媛の懸け橋になりたい」と語った。

 石崎は東京学芸大卒業後にポーランドに渡り、国立ショパン音楽大大学院を修了。17年、グランドプライズビルトゥオーゾ国際音楽コンクール1位。修了後も同国で1年間フリーのピアニストとして活動。ショパンを描いた舞台でピアノ演奏したり、ショパン音楽大の推薦でショパンが滞在した館で演奏したのが思い出深いという。帰国後はピアノ教室を開くなど県内を中心に活動。愛媛大附属小の非常勤講師も務めている。

 「暮らしてみて実感したポーランド人の『自分の気持ちに忠実に全て表現する』『自分の心地よさを大事に音楽を表現する』感性を伝えたい」と話している。

    インターネットの最新情報のことなら「サクッと光」

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。