ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
712日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

新型コロナ

松山の高齢者施設、利用者の死亡と1人陽性を公表

2020年5月24日(日)(愛媛新聞)

 愛媛県松山市高山町の介護付き有料老人ホーム四葉の運営会社が23日までに、利用者1人が新型コロナウイルスに感染して死亡したのに加え、新たに利用者1人の同ウイルス感染が確認されたとホームページ(HP)で公表した。また、同施設の全利用者と全職員のPCR検査を実施していることも明らかにした。

 HPや県などによると、大規模なクラスター(感染者集団)が発生した松山市の病院を退院し、一時四葉に入所していた80代の女性が20日に亡くなった。運営会社は「ご親族の皆さまには心よりお悔やみ申し上げる。今後も社内外への感染拡大抑止と安全確保を最優先に迅速に対応する」としている。

 22日夜に利用者1人が陽性と判定され、医療機関に入院したという。

    ※新型コロナウイルス関連情報はこちら

    インターネットの最新情報のことなら「サクッと光」

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。