ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1128日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

国交省事務所

梅雨を前に 肱川の樋門、厳重点検 大洲

2020年5月23日(土)(愛媛新聞)

樋門が正常に動作するかを点検する大洲河川国道事務所の職員ら

樋門が正常に動作するかを点検する大洲河川国道事務所の職員ら

 梅雨や台風など水害の危険が高まる時季を前に、国土交通省大洲河川国道事務所や大洲市の担当者らが19日、肱川に設置されている樋門(ひもん)などの動作状況を点検した。

 樋門は中小河川や水路と大きな川との合流地点に設置されるゲート。大雨などで河川が増水した際に、本流から逆流し住宅地などが浸水するのを防ぐ役割がある。

 点検は国交省が毎年実施。事務所の担当者4人が、樋門などを管理する大洲市の担当課や地元土地改良区関係者と一緒に計19カ所を回った。

 肱川支流矢落川に設置されている「畑の前樋門」(同市五郎)では、開閉時の動作や施設に損傷がないことを確認。同事務所肱川出張所の岡田武文所長が「水路に土砂が堆積しているので清掃を」と市職員に呼び掛けていた。

 事務所は点検結果をまとめ市に提出し、改善すべき点などを伝える。

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。