ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1027日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

夏の甲子園中止

「努力 無駄でない」 各校監督 部員らを思いやり

2020年5月21日(木)(愛媛新聞)

夏の甲子園中止決定を受け、球児がいないグラウンドで取材に応じる松山商の大野康哉監督=20日午後、松山市旭町

夏の甲子園中止決定を受け、球児がいないグラウンドで取材に応じる松山商の大野康哉監督=20日午後、松山市旭町

 新型コロナウイルスの影響で夏の甲子園大会が20日、戦後初の中止に追い込まれ、予選としての地方大会も可能性が消えた。「バッターボックスに立つ姿を見たかった」。球児の成長を見守ってきた県内の指導者や保護者、ファンらは落胆しながらも、これまでの努力をねぎらい、次の目標へと励ます声を上げた。

 今治西を春夏通算11度の甲子園に導き、今春、松山商に赴任した大野康哉監督は「3年生とは一度も同じグラウンドに立てないまま、甲子園への道が閉ざされた。悔しいとしか言えない」と無念さをにじませた。

 愛媛大会の代替については、時折言葉を詰まらせながら「今日も寮生の3年生が自主練習に出かける様子を見送った。何とか心に残ることをやらせてあげる機会をつくってほしい」と訴えた。

 川之江と今治西に加え、現在指導する小松の県立3校で甲子園の土を踏み、指揮した宇佐美秀文監督は「(新型コロナウイルスの感染拡大や休校など)今は非日常。大会の運営は主催者の役割で、開催してほしかったなどとは言えない。決定を謙虚に受け止めないといけない」と語った。

 7度体験した聖地を「素晴らしいところ。いつ行っても何回行っても感動と感謝を教えてくれる」と回顧。その理由を「努力した過程があるから」と述べ、「甲子園に出られるのは一握り。そこを目指した頑張りに拍手を送りたい」と部員をねぎらった。

 松山商監督時代の1996年夏に全国制覇した北条の沢田勝彦監督は「わずかな期待は持っていたが、覚悟していた部分もある」と険しい表情で受け止めた。甲子園は社会の平和の上に成り立っているとして「当たり前だったことが当たり前でなくなり、あらためて感謝しないといけない。後に続く部員にも伝えていかないといけない」と胸に刻み込む。

 生徒には、やってきたことは無駄だったとだけは考えてほしくないという。「目標は甲子園、目的は人間形成と言ってきた。目標は消えても目的を見失ってほしくない。次の目標を設定して進んでほしい」と思いやった。

 2018年夏の甲子園で4強入りを果たし、昨秋の県大会を制した済美の中矢太監督は選手を集めて中止を報告した。「甲子園でプレーすることも大事だが、そこを目指して頑張ることが大事。これまでの2年間に間違いはない」と伝えたが「まだ実感が湧いていない様子だった」。

 特に3年生は甲子園を経験した最後の世代だけに「甲子園に懸ける思いは強かった。これから大会までが大きく成長する期間で、その機会を持てなかったことはとても残念」と悔やむ。

 代替大会が開かれることになっても「すぐに切り替えることは難しく、選手の気持ちを聞いてみてからの判断になる。まずは早く方針を出してほしい」と求めた。

    関連・チーム名鑑

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。