ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
101日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

西予市

総合相談窓口、市役所と4支所に コロナ対策38億9453万円

2020年5月2日(土)(愛媛新聞)

 西予市は1日、市役所と4カ所の支所に新型コロナウイルス感染症対策総合相談窓口を設置すると発表した。運用は11日からで、生活や仕事への不安、国の特別定額給付金を含む各種支援事業に関する問い合わせや相談に応じる。

 受付時間は平日の午前9時から午後5時で、5月中は日曜も開設する。市役所相談窓口は本庁1階ロビーで、専用電話番号0894(62)3187。各支所は既存の代表電話を使用する。

 市は給付金支給など国や県、市の支援事業費と、感染症対策資機材を追加購入するための一般会計補正予算の専決処分2件、計38億9453万円も発表した。

 主な内訳は定額給付金37億3951万円と子育て世帯臨時特別給付金4177万円。市が3月に創設した中小事業者経営安定支援事業制度に9千万円を盛り込んだ。上限50万円で、4月末までに58件計2880万円の交付を決定した。

 

 相談窓口設置に伴う1日付の係長級以上の異動は次の通り。かっこ内は現所属で、いずれも併任や兼任。

 【課長補佐級】新型コロナウイルス感染症対策総合相談窓口統括リーダー 和気伸二(経済振興課)▽同窓口リーダー 瀧川健二(税務課)信宮佳子(長寿介護課)

 【係長級】同窓口相談員 光沖司(税務課)竹内健(監理用地課)萩原武志(福祉課)▽上甲啓一郎(スポーツ・文化課)

    ※新型コロナウイルス関連情報はこちら

    国税調査2020

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。