ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
714日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

新会長に佐伯氏

県高体連 6競技で新専門委員長

2020年4月29日(水)(愛媛新聞)

龍山賢治さん

龍山賢治さん

林大樹さん

林大樹さん

越智雄貴さん

越智雄貴さん

村上ゆう子さん

村上ゆう子さん

福本かなさん

福本かなさん

松盛敦さん

松盛敦さん

 県高校体育連盟は28日までに、2020年度の役員案や大会日程を承認した。新会長には松山東の佐伯幸治校長が就いた。

 専門部新設のカヌーをはじめ、バレーボール、自転車、バドミントン、創作ダンス、フェンシングの6競技で新たに専門委員長を選んだ。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、全国高校総合体育大会(インターハイ)、四国高校選手権の中止が決まっている。県高校総体については、早ければ5月1日の臨時理事会で開催可否を決定する。

 

 役員、新専門委員長と競技日程は次の通り。

 【役員】会長 ○佐伯幸治(松山東)▽副会長 ○森昭彦(新居浜東)河野大助(松山城南)松本耕太郎(宇和島東)長井俊朗(松山北)▽監事 ○星川志朗(新居浜南)○田所恭介(上浮穴)○藤本昭二(三間)▽理事長 川中慶明(松山北)▽事務局長 瀬良耕二(松山北)▽常任理事 白方順(新居浜東)越智雄貴(松山聖陵)池田公志(宇和島東)▽東予支部理事 外山拓臣(西条農)兵頭龍哉(今治西)○児玉信也(三島)○高橋照知(今治精華)▽中予支部理事 阿武芙美子(北条)石山香代(松山東)山本光生(松山西)田中英樹(松山南)大上裕之(松山南定)白方譲二(松山中央)遠藤大輔(松山工)田中悟(松山商)秋川哲一(東温)○神野智臣(伊予)山川厚(松山東雲)▽南予支部理事 ○井上陽平(八幡浜)○清家純子(宇和島南)本倉保(吉田)鷲見英治(内子)=○印は新任

 【新専門委員長】バレーボール 龍山賢治(新居浜商)▽バドミントン 林大樹(松山北)▽自転車 越智雄貴(松山聖陵)▽創作ダンス 村上ゆう子(新田)▽フェンシング 福本かな(三島)▽カヌー 松盛敦(大洲)

 【日程】県総体抽選会(5月18、19日・松山北高、松山東高)▽県総体(5月29日~6月8、13日・松山市ほか)▽県総体水泳(6月20、21日・松山市)▽県定通制総体(9月6日・県総合運動公園ほか)

 。

 

◆新専門委員長の抱負◆

【バレーボール 裾野拡大 欠かせない 龍山賢治さん(45)=新居浜商】

 少子化による生徒数減少もあり、競技人口が減ってきている。バレーの魅力は男子ならスピード感とダイナミックさ、女子なら粘り強くボールをつなぐ姿勢。中学校との連携を深め、こうした面白さを発信していきたい。県勢の全国ベスト8進出が目標で、裾野拡大が欠かせない。ビーチバレーの強化、普及にも力を入れたい。

 

【バドミントン 仲間つくる手助けを 林大樹さん(39)=松山北】

 バドミントンは、入学後に始める高校生が多い競技。見るよりもプレーするのが楽しいスポーツで、レベルに応じた面白さがあり、卒業後も生涯スポーツとして付き合ってくれるといい。今年は愛媛で予定されていた全国高校総体が中止になったが、競技で広がった輪は残る。子どもたちが仲間をつくる手助けをしていきたい。

 

【自転車 レベルアップを図る 越智雄貴さん(32)=松山聖陵】

 全国的にジュニアクラブが多くなっており、小中学生年代の裾野が少しずつ広がっている。自転車競技はスピード感が魅力で、子どもが競技に触れる機会や選手の交流の場を増やしていければと思う。2年後に四国で開催されるインターハイに向けて、県内の3校で競い合いながら全体のレベルアップを図っていきたい。

 

【創作ダンス 大会の運営に頑張る 村上ゆう子さん(48)=新田】

 ダンスには言葉がなくても全身を使って表現できる面白さがある。創作ダンスに取り組む学校は少なくなってきているが、全国でも学校数は多い方。ストリートダンスが盛んになっている中で、創作ダンスの伝統が残っているのは価値があると考える。大会をスムーズに運営できるよう、微力ながら頑張っていきたい。

 

【フェンシング 競技人口増やしたい 福本かなさん(28)=三島 】

 部活動があるのは三島高と松山城南高のみで、あとは個人で取り組んでいる。三島高では部員が増え、全国大会でも成績を残し始めていい流れが来ている。課題は人材確保。男女ともにもっと競技に取り組む人を増やしたい。高校から始めても自分の可能性にチャレンジできる競技。選手が自信をつける手助けができればと思っている。

 

【カヌー 対抗戦になるのが夢 松盛敦さん(43)=大洲】

 カヌー専門部は新設で、ようやく正式な「県総体」が実施できる。今までも全国や四国に向けた選考会は行ってきたが、総体の名前がつくことで選手のモチベーションは上がると思う。まだカヌー部があるのは大洲高だけなので、総体が学校の対抗戦になるのが夢。ほかの学校にもカヌー部が生まれるように努めたい。

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。