ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
714日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

6月19~22日

新型コロナ 四国高校選手権中止 全31競技で初

2020年4月23日(木)(愛媛新聞)

 四国高体連は22日、新型コロナウイルスの感染拡大により、6月19~22日に4県で開催予定だった四国高校選手権全31競技の中止を決めた。四国高体連によると、全競技の中止は初めて。陸上、ホッケーなど8競技は全国高校総体(インターハイ)予選を兼ねており、ブロック代表選出方法は別途協議するとしている。

 新型コロナ感染拡大のため、役員会は電話会議で実施。県高体連の川中慶明理事長によると、長距離移動や宿泊、コンタクトプレーの有無といった競技ごとの特性に伴う感染リスクを懸念する意見などが出たという。選手や保護者の感染防止の観点などから、全会一致で中止を決定した。

 愛媛ではラグビー、剣道など9競技を開催予定だった。川中理事長は「(開催までに)感染が収まっていればとの声もあるかもしれないが、県をまたぐリスクを考えるとやむを得ない」と話した。

 26日には、全国高校総体の開催可否を判断する全国高等学校体育連盟(全国高体連)の臨時理事会が行われる。東京五輪の影響で、今夏のインターハイは分散開催で、愛媛ではバドミントンが松山市で実施予定になっている。

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。