愛媛新聞ONLINE

2021
127日()

新聞購読
新規登録
メニュー

チェハーレス・タプスコット(愛媛OV選手2019-20)

「Together Assist for Fight」

2020年4月20日(月)(愛媛新聞)

 

 2019-20シーズン、バスケットボールB2リーグ愛媛オレンジバイキングスの得点の要、チェハーレス・タプスコットは2019年秋、がんの治療研究などを支援する取り組みを提案した。

 

 父フローレンスさんが、がんに罹患したことをきっかけだった。がん治療の研究などに興味を持ったタプスコットは、治療法の確立のほか、患者や家族を支援するチャリティーのため、チームアシスト数に千円を掛けた金額をタプスコット自身が日本の研究施設に贈る企画を提案。チームもチャリティーTシャツの売り上げの一部を寄付する支援を始めた。

 

 「がんとの闘いは孤独を伴う。その闘いをみんなが一緒にアシストすることが大事。多くの人に着てもらい、患者や家族に『一人じゃない』ということを伝えたい」。自身も父親のメッセージ「LET’s Beat Cancer Together」が書かれたシューズでプレーする。

 

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。