愛媛新聞ONLINE

2021
31日()

新聞購読
新規登録
メニュー

県教育委員会定例会

新型コロナ 内子高事例など県教育長が謝罪

2020年4月16日(木)(愛媛新聞)

 県教育委員会は15日、県庁で定例会を開き、田所竜二教育長が新型コロナウイルスに教諭が感染し、濃厚接触者の生徒も陽性が判明した内子高校の事例などを謝罪した。

 

 教諭の行動について、田所教育長は「首都圏から帰った後、自宅待機をせずに勤務し、校長の実態把握がないまま部活動で生徒を指導した」と説明。休校を招いたとして「生徒や保護者はもとより、県民に不安を与え、信頼を大きく損なう事態となったことは誠に遺憾で、深くおわびする」と述べた。

 

 また、感染拡大地域を往来する東南予の運送業の保護者に、子どもの自宅待機を要請していた問題でも陳謝した。

 

 出席者からは「教職員に(新型コロナの)危険性(の周知)を徹底してほしい」「(対応が行き届いていなかったのは)教委にも責任がある。緊張感を持って取り組んでほしい」といった意見が出た。

 

    ※新型コロナウイルス関連情報はこちら

    真相追求 みんなの特報班

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。