ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
66日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

愛媛FCサポーター調査

マスコットに熱視線 試合以外の楽しみ浮き彫り

2020年3月31日(火)(愛媛新聞)

サポーターに人気の一平くん(後列左)やオ~レくん(同右)らマスコット

サポーターに人気の一平くん(後列左)やオ~レくん(同右)らマスコット

 

サポーターに人気の一平くん(後列左)やオ~レくん(同右)らマスコット

サポーターに人気の一平くん(後列左)やオ~レくん(同右)らマスコット

 

 応援のお目当てはマスコット!?-サッカーJ2の愛媛FCの関東在住サポーターらでつくる「愛媛サポートクラブ」が2月に現地観戦のお目当てなどを調べたアンケートで、最多の「愛媛FC」(41%)に次いで、熱烈サポーターのカエル「一平くん」(19%)やオ~レくんら「マスコット」(14%)が上位を占めた。同クラブ代表の和泉逸平さん(46)=愛南町出身=は「試合以外の楽しさを求めて訪れる人もいるのでは」と分析している。

 アンケートは愛媛FCのアウェー戦のチケット情報などのメールを受信する394人に2月16~21日に協力を依頼。218人が回答し、内訳は関東在住者が57%、県内在住者が31%で、関東のうち愛媛出身者は40%にとどまった。全体の8割がサッカー未経験者。男女比は6対4だった。

 現地観戦のお目当ては、他にスタジアムグルメが10%、選手個人9%、スタジアムイベント6%。和泉さんは、一平くんとマスコットで3割以上を占めたことに驚きつつ「マスコットや試合の盛り上がる雰囲気、グルメなど勝ち負けだけではないスタジアムの多様性が広がっている」と推測。昨年のラグビーワールドカップ日本大会で多くの「にわかファン」が出たこともスポーツの楽しみ方の変化の表れではないかとみる。

 愛媛FCの昨季のホーム平均観客数は3780人でJ2最下位。新型コロナウイルス感染拡大の影響で2月下旬から公式戦を中断し、5月に再開予定だが、観戦者の増加が課題となっている。和泉さんは4月に県プロスポーツ地域振興協議会でアンケート結果を報告する予定で「同様のアンケートは初めてではないか。データを今後の発信に生かしたい」と話した。

 アンケートの回答者218人のうち205人が会員制交流サイト(SNS)を利用。LINE(ライン)とツイッターはそれぞれ8割を超えた。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    スポーツ最新ニュース

    トップ10ニュース(国内・海外)

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。