ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
530日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

新型コロナ

県南予地方局で対策本部初会議

2020年3月28日(土)(愛媛新聞)

 南予地方局県現地新型コロナウイルス感染症対策本部の初回会議が27日、宇和島市天神町の同局であり、関係職員約20人が今後の対策について情報共有した。

 26日の県対策本部設置に伴い、各地方局に現地対策本部が設置されたことを受け開催した。

 本部長の大北秀局長は「本日、県内4例目の感染発表があったが、県内で大規模に感染が拡大している状況ではない。現状を冷静に受け止めた上で、今何をするべきかを考える必要がある」とあいさつ。「予断を許さない状況が続いているが、力を合わせて難局を乗り切りたい」と述べた。

 担当職員が26日にあった県対策本部会議の概要を説明。首都圏や関西などの感染拡大地域に居住し4月から県内で勤務予定の職員(新規採用含む)に転入後2週間の自宅待機と健康観察を命じることについて、職員や関係団体へ周知するよう求めた。

    ※新型コロナウイルス関連情報はこちら

    サクッと光

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。