ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1129日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

新型コロナ

愛南町の文化・観光施設、順次使用可能に 予防策条件

2020年3月27日(金)(愛媛新聞)

 愛南町は26日、新型コロナウイルス感染防止のために休館している文化施設や観光施設について、感染予防対策を講じることを条件に順次、使用可能にすると発表した。

 「DE・あ・い・21」や御荘文化センターなどの文化施設4カ所や各公民館は、4月1日から通常業務とし、中止していた貸館を再開。南レク御荘公園やB&G海洋センターなどのスポーツ施設の多くも同日から使用可能になる。

 観光関連では西海観光船は4月1日から、温浴施設「ゆらり内海」は2日から営業再開。「山出憩いの里温泉」(1日~)と「一本松温泉あけぼの荘」(3月28日~)は再開するが、バイキングの営業は行わない。

 4、5月の行事についても検討状況を公表。5月10日予定のイベント「ぎゅぎゅっと愛南!夏の陣」は中止の方向で調整している。詳細は町ホームページで公開している。

 臨時休校している小中学校は4月8日に再開する。小学校は8日、中学校は9日に規模を縮小して入学式を行う。来賓は呼ばず、在校生の出席については各校の判断によるが、児童数の多い学校では参加見送りを想定しているという。

 宇和島市も4月8日に小学校、9日に中学校の入学式を感染予防策を講じた上で実施する。始業式は小中とも8日の予定。

    ※新型コロナウイルス関連情報はこちら

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。